大手工務店と地元工務店の比較検証サイト

>

コーポラティブハウスという新しい住居プランの形

コーポラティブハウスとは何か

コーポラティブハウスとは、一言でいえば戸建てではなく集合住宅の注文住宅のことを指します。
通常の分譲住宅の場合は不動産会社が事業主となって土地の取得や建物の設計、建築などを行うのに対して、コーポラティブハウスはその住宅に住みたいという方達が集まり建設組合を作って事業主となり住居作りを勧めていくという特徴を持っています。
これからそこに住む人たちで一から集合住宅を作るのはとても大変そうなイメージがありますが、もちろん素人だけで行うわけではなく、それを手助けしてくれるコーディネイト会社が存在します。コーディネイト会社が土地を設定して事業を企画してから参加者を募る形がほとんどなので、参加者はただコーディネイト会社の手順通りに動くだけです。むしろ戸建て住宅よりもハードルは低いと言えます。

メリットとデメリット

コーポラティブハウスのメリットは、通常の分譲住宅と違い住戸プランの設計は自由に出来る所にあります。
通常の分譲住宅は、チラシを見たことがあると思いますが、すでに部屋の間取りやトイレ、浴室等の仕様も決まっていますが、コーポラティブハウスでは住戸プランの設計を一から自分たちで行うことが出来るのです。自分好みの浴室やキッチン、床の素材や壁の仕上げまで自由に選択できるので、戸建て住宅のように自分だけの家づくりが可能になります。
デメリットとしては、住戸プランの設計から始めるのでかなりの手間と時間がかかるということが挙げられます。大体1年から2年くらいを目安としているので、即入居というわけにはいきません。住戸プランの打ち合わせも結構な頻度で行われますし、住人たちで作っている建設組合の会議もよく開かれるので、そういったことを手間としか感じない方には不向きといえるかもしれません。


この記事をシェアする