大手工務店と地元工務店の比較検証サイト

>

大手工務店とハウスメーカーの特徴について考える

フランチャイズの加盟店

フランチャイズというと、対価を払って元々出来上がっているノウハウやチェーン名称、技術サポートを得るといった感じの経営になります。
フランチャイズに加盟する利点は、一から一人で始めるよりも廃業のリスクを抑えられるという所にあります。その分ロイヤリティという対価を支払う義務はあるため、経営が軌道に乗るまでは利益はほとんどない状態にもなり得ます。しかしその代償をもって、過去の出店データやすでに確立されている経営のノウハウが得られるのであれば、長い目で見れば損はないものと思われます。
工務店は基本的に最初は小規模なところから始まります。経験がない状態で一から始めるよりも本部という所から知識や技術を買ってしまう方が経営がうまくいく可能性は高いと考え、工務店でのフランチャイズ加盟店が存在しているのです。

県をまたいで営業を広げている大手工務店

工務店というと、大抵小さい町の工場といったイメージがありますが、大手工務店になるとハウスメーカーのようにモデルハウスや展示会などを開催しています。
全国まではいかないまでも、近隣の県や市に支店や営業所を置いて広域にわたって施工を行っています。そして大手とはいえ工務店なので、プランの自由度はそのままです。さらに信用性も高いということで利用される方も多いと思います。ネームブランドが出来ているのでそれだけで興味をもたれる方もいらっしゃると思います。同じ中身なら、全く無名のものよりもある程度名前が知られているものをと考える方々が多いのでしょう。
残念ながら人という生き物は信用性というものを無意識に探してしまうのです。


この記事をシェアする