大手工務店と地元工務店の比較検証サイト

大手工務店にあって地元工務店にないもの

大手工務店とハウスメーカーは、一見するとどこが違うのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。
工務店というと地域密着型の昔ながらの工務店というイメージが強いのですが、大手になるとハウスメーカーと同様にモデルハウスや住宅展示場を設置するなど、アクティブな営業を行う工務店も存在します。こういった大手工務店とハウスメーカーはどこが違うのかといえば、ハウスメーカーが全国規模なのに対して、大手工務店は県内や近隣の県までに営業範囲が留まることが最大の違いと言えます。
その他にはプランの自由度の違いが挙げられます。工務店の場合は依頼人の独自のプランで家を建てることが可能です。例えば誰も作ったことがないようなオリジナルキッチンを作ることも工務店なら可能になります。床の材質もこだわりのものがあればそれに変えることも可能ですのでかなり自由度は高いと言えます。対してハウスメーカーは、元々用意されているプランの中から選ぶというもので、自由度に関しては工務店に比べると低いと言えます。しかしその代わり、建てた後の保証制度やメンテナンス体制が整っているので安心度は高いでしょう。それほどこだわりがない方なら、最初からある程度のプランが整っていた方がかえって助かるのではないでしょうか。絵や工作に例えるなら、白紙の状態から自分で一から作り始めるのと、見本があってその通りに作るのとどちらがやりやすいか、という感じに近いかもしれません。ちなみに私は見本があった方が楽なので、どちらかといえばハウスメーカーの手法がやりやすいです。
大手工務店とハウスメーカー、どちらも良い点があり甲乙つけがたいと私は思います。あとは好みの問題ではないでしょうか。